不用品回収業者によってどんな違いがあるのか?

不用品回収業者の違いって何?メリット・デメリットは変わってくる? - 不用品回収の業者で違いはあるの?

不用品回収の業者で違いはあるの?

不用品回収の業者を選んでいると、結局どこが一番良いの? と悩んでしまいます。
どの業者に頼めばメリットがあるのか、どんな違いが生まれるのか、という問題について一つの答えを出してみましょう。

追加料金の安さで考える

誰もが考える業者の違いと言えば値段に尽きるでしょうが、トラックの料金もそうですがオプション料金を良く比較してみましょう。
大規模な不用品回収を頼むと細々としたオプション料金(追加料金)がかかる可能性があるので、なるべくオプションが安い業者にした方が良いです。
トラックなど基本的な料金は、大手の業者だと大体同じくらいですが、意外とオプション料金の方がバラつきがあります。
実際に見積もりを出したらオプション料金が結構かかった、みたいな事は良くあるので気をつけましょう。

業者はどこまでサポートしてくれる?

グランドピアノや大型のベッドを運び出す場合、特にマンションだとかなり大変です。
そのため特別な道具を使ったり人員を増やさなきゃいけない可能性が考えられます。
しかし、業者によってそういう時にどういうサポートが出来るかはもちろん異なります。
何かあった時でも柔軟に対応してくれる、そんな業者を頼んだ方がトラブルが起きる可能性は低いはずです。

サポートとオプション料金の兼ね合い

先ほど説明した特別な道具を使ったり人員を増やすというのは、いざやるとなったらそれはオプション料金になります。
つまり幅広いサポートが出来て、尚且つそのサポート(オプション)を安くしてくれる業者を選んだほうが良い、というのが答えです。
いくらトラック料金が安くても対応出来るサポートが少ない、しかも高いとなると困った事になるのは間違いありません。

まとめ

hgytjy
不用品回収は色々と不測の事態が考えられ、その不足の自体をなんなく解決するのがプロの役目。
サポートとオプションが充実している業者を率先して選ぶ、これは基本事項でしょう。
不用品は物によってどこへ持っていくか、その選択肢は大きく分かれます。
業者にもリサイクルショップにもメリットとデメリットがあるので、良く考えて持ち込み先を決めましょう。

リサイクルショップのメリットとデメリット

不用品には色々ありますが、買い取り価格はリサイクルショップの方が総じて上です。
何でもかんでもリサイクルショップの方が高いとは言えませんが、物を売るならまずはリサイクルショップへ持って行きたい所です。
ただし思った以上に買い取り不可になる物が多い事、店によっては買い叩かれる場合があるのがデメリットでしょう。
それにリサイクルショップだと大型の物は出張買い取りに対応していないお店が多いです。
だから売りたい物をどうやって持っていくか? というのも悩みの種になります。

不用品回収業者のメリットとデメリット

買い取りを中心に据えて不用品回収をする際、まず気軽に何でも査定してもらえるのがメリットになります。
リサイクルショップよりも色々融通が効くし直接家に来てくれるので、売る方法であれこれ悩む必要はありません。
しかし全体的に査定価格があまり高くならないのが難点です。
特におまけで買い取りも兼務しているような業者は、査定価格が相場から大きくズレる事もあります。

小さな物はリサイクルショップへ、大きな物は業者へ

今回説明したメリットとデメリットを考えると、自分で運べる物はリサイクルショップへ持っていくべきでしょう。
でも売る方法、運ぶ方法に悩む物ならさっさと業者に買い取ってもらった方が良いです。

まとめ

高価で売れそうな物があるなら、とりあえずはリサイクルショップへ売る事から検討してみましょう。
でも買い取ってもらう上で運搬が面倒など色々な問題が起きたら業者に買い取ってもらう方法にシフトするのが妥当。
買い取り価格と手間を天秤にかけて、スムーズで得をする方法を模索しましょう。

更新情報